小遣い制でお金のないリーマンほど「ポイ活」した方がいいかもという話

雑記

小遣い制でお金に困っているリーマン向けにポイ活をおすすめしたいという記事となります。

この記事の内容を実践することで、ひと月あたり1,500円くらいは入手することが可能です。
(入手したポイントの使い道に少なからず制約がありますが…)

たかが1,500円くらいという感じもしますが、小遣い制でギリギリの中やりくりしているような方にすれば、案外大きいのではないでしょうか。

 

改めまして、こんにちは青田犬です。

今回は、私自身がここ最近ハマっているポイ活(平たく言うとポイント稼ぎ=こんまいお金をもらうためにチマチマ頑張るやつ)についてのお話となります。

なにやら主婦界では、すでに有名なものらしいのですが、我々のような独身おっさん界の中では、まだまだ、まったくと言っていいほど知られていないものではないでしょうか。

私自身、2~3ヵ月くらい前から徐々にやり始めたところなのですが、やり続けることで良い所も悪い所も見えるようになってきました。

今回は、私が実施しているもので主に楽天系アプリとポップルというSNSアプリについて紹介したいと思います。

併せてポイ活のメリット、デメリットについてもお話ししたいと思います。

1.そもそもポイ活とは何か

簡単に言えば「積極的なポイント取得活動」の略になりますでしょうか。

ローソンでPontaカードを出したり、ファミマでTカードを出したりするのと同じですね。

他によくあるのは、ネットで何か買う時にポイントサイトを経由すると1%ポイントが付くとか、ポイントサイト上でルーレットをまわしたりガチャをまわしたりするとポイントがもらえるとかそういうのですね。

今回はアプリ上でちょっとポチポチするだけでポイントゲットでき、なおかつ換金のしやすさ、すぐ使えるというところに焦点を当てています。

なお、ポイ活に触れるとなると本来は、様々なポイントサイトについても触れていく必要があるかと思います。

ポイントサイトを極める者こそポイ活を極める、と言われているほどです。
(詠み人知らず)

しかし、何しろ数が多くてそれぞれに特色があって、一度に手を出すとかなり面倒で嫌気がさしてくる(実際さした)ので、今回はあえてポイントサイトには触れず、お手軽に毎日数10円だけ確実に稼ぐコースで行きたいと思います。

2.具体的なポイントアプリの紹介

今回はルーティン的に使えるアプリに焦点を絞って紹介します。

何しろ毎日働きづめでくたびれているリーマン向けなので、空いた時間に思考停止状態でポチポチするだけで稼げるものがいいと考えました。

① 楽天ウェブ検索(パソコンとスマホ)

ブラウザのツールで30回単語を検索して5ポイント、スマホのアプリ側の操作で1ポイントで、1日あたり計6ポイント入手可能です。

※30回検索は工夫すれば数分で終わらせることが可能です
※スマホアプリはほぼ一瞬です

② 楽天PointClub(スマホ)

スマホアプリの操作により1日あたり2ポイント入手可能です。

※ほぼ一瞬の操作です

③ 楽天PointScreen(スマホ)

スマホアプリの操作により1日あたり8ポイントくらい入手可能です。
(※1日に何回か操作する必要あり)

④ 楽天チェック(スマホ)

ローソンに行って、ロッピーの付近でアプリを起動することで、1日1ポイントくらい入手可能です。
(ローソン以外のお店でもポイントチェックできるお店はありますが、ローソンが一番行きやすいです)

また、実際は午前と午後で、1日2回入手するチャンスがあり、ポイントも1ポイント、3ポイント、10ポイントと3種類くらいありますが、大体出てくるのは1ポイントです。

通勤経路にローソンがある人なら、朝と晩で2回ポイントゲットしやすいと思います。

⑤ ポップル(スマホ)

SNSアプリです。

いろんな人が動物やらスイーツやらの画像をアップしているので、それらの画像に対して「いいね!」ボタンを押すだけで「1いいね!」ポイントがもらえます。

「いいね!」するだけで金銭価値のあるポイントをもらえるとか、すごい時代になったものだなぁとしみじみします。

一日に「いいね!」ができるのは30回だけなので、普通にやれば「30いいね!」ポイント獲得できます。

ただ、ごくたまに10ポイントが当たったりするので、だいたい1日あたり「40いいね!」ポイントくらいもらえます。

※毎晩0時にリセットされるので、私は日付が変わる瞬間に「いいね!」しまくってます

なお、これらのポイントの使い方ですが、アプリ上で商品交換クーポンに変換して使用することになります。

※セブンイレブンとサーティワンにおいてのみ使用可能です

3.ポイ活の良い所(メリット)

ポイ活のメリットは、隙間時間に数円単位でお金が稼げる、その一点に尽きるでしょう。

本当に何もすることがない時や、何かしていてもちょうど手と目が使える状況であれば、ポチポチと小銭を稼ぐことが可能です。

具体的に言えば、私の場合は、トレイで踏ん張っている時、歯を磨く時にポチポチしていることが多いです。

あと、電車通勤している人なんかは特にやりやすいのではないでしょうか。
(電車の混み具合や電波状況にも寄るとは思いますが)

 

4.ポイ活の悪い所(デメリット)

ポイ活のデメリットはおそらくただ一点なのですが、この一点がとてつもなく大きいです。

それはやはり、もらえるお金がかける労力にまったく見合わないということでしょう。

何しろ、ちょっとポチポチして1円とかなので、時給換算すれば1時間100円も行かないレベルです。

最低労働賃金を遥かに下回る時給、ということになります。

本気で取り組むにはまったくもって割に合いません。

ただ、隙間時間にポチポチやってチリツモ的に稼ぐ分には案外悪くないのではないかと考えています。

毎日色んなアプリを起動して、ポチポチして1日100円も行かないとか、何の苦行だろうという感じですが、ずっとやっていると習慣化していって、逆にやらないとなんだか気持ちが悪くなります。

そうなればしめたもので、毎日やって、気が付けば数千円自由になるお金ができあがってくれるのです。

無駄な時間を有効活用するという、その一点において、ポイ活は極めて優れていると私は考えます。

 

5.思わぬポイ活の効能について

あとポイ活するようになって、私自身、かなり考え方が変わるようになり、良く言えばコスト意識が強くなり、悪く言えば細かいお金にセコくなったように思います(ある意味良くなったのかもしれませんが)。

例えばスーパーへ買い物に行くときですが、今は多くのスーパーで買い物袋が有料となっており、買い物袋をもらうと追加で5円くらい取られるのですが、これまではたかが5円、などとまったく気にすることなく毎回、買い物袋をもらっていました。

しかし今は、エコバックを自分で持っていけば、5円取られない=5ポイントゲットに等しいという考えに至り、5ポイントも得するなら、絶対にエコバック持って行かないと! と考えるようになりました。

また、家でお茶を作ったりする習慣のない私は(自分で作ってもどうにも美味しいのができないから)、毎日のようにペットボトルのお茶を会社にある自販機で買っていたのですが、これらもスーパーで安く売っているのを何日分かまとめて買うようになりました。

自販機で130円で売っているペットボトルのお茶が、スーパーへ行くと同じものが70円前後で売っていたりするのです。

消費税含めても80円くらいな訳で、50円安くなる=50ポイントゲットに等しいという考えに至り、お茶1本で50ポイントゲットとかめちゃくちゃすげー! みたいになって、ペットボトルのお茶は絶対にスーパーで買うようになりました。

※2リットルのお茶を買って、空いた500mlのペットボトルに入れるがもっとも安上がりだと考え、じょうごまで買って一時期実践していたのですが、途中で面倒くさくなりました。
(500mlペットボトルを使いまわす際に中を洗うのが案外面倒でした)

このように節約意識を高めるのにもポイ活っていいんじゃないかと思っています。

まとめ

スキマ時間を使った小遣い稼ぎがしたい方なら、ポイ活にチャレンジしてみる価値があるかと思います。

ただ、ポイント稼ぎのサイトやアプリは市場に溢れかえっているので、どれが一番効率が良いか、また気軽にずっと続けていけるか、自分の生活スタイルにあったものを探していく必要があるかと思います。

※とりあえず目についたものからどんどんやっていって、効率が悪いと感じたら切っていくのが良いかと思います

 

 

以上、「小遣い制でお金のないリーマンほどポイ活した方がいいかもという話」でした。

お読みいただきありがとうございました。