昔好きだった音楽を聴いてたら、うつうつとした気分がちょっとだけなんとかなった話

昔好きだった音楽を聴いてたら、うつうつとした気分がちょっとだけなんとかなった話 雑記

こんにちは、青田犬です。

1週間ほど仕事も精神情報もかなりヤバい状態になってました。

やばいわーもうダメだーこんなもん死んでまうわーという状況の中、体をひきずるようにしながら、なんとか労働しておりました。

そうして、どうにかこうにか、もっともしんどい時期を乗り越えることができました。

私が働いている会社は、業界的に毎年1月から3月はとんでもない状況になるのですが、今年もやはりとんでもない状況になってしまいました。

もう無理が効く年でもないですし、そろそろ、いろいろと本気で考えなければならないぁとリアルに感じています。

ここ数年、毎年春には同じことを考えているような気がしますが。

3月後半が特にヤバかった

やってもやっても仕事が終わらない状態になり、疲労困憊で常時気力がゼロの状態になってました。

寝ようとしても理由もなく心臓がどきどきして、なかなか寝付けなかったりしました。

社内でも殺伐とした雰囲気のまま、画面にメンチを切りながら仕事をしていました。

なんとかするためにいろいろ試してみた

帰りも遅いし、帰ってきても精神的に参った状態なので、なかなかリフレッシュするということができません。

多少精神的に疲れていても、近所をぶらぶらしたり、瞑想したり、シャワーを浴びながらぼーっとしてたりすると、いつもならそれなりに回復するのですが今回はあまり効きませんでした。

病院行ってデパスでももらってくることも考えましたが、昼間に休みを取ったりすることができそうもありません。

鬱々とした気分に音楽がいいらしい?

とはいえ、なんとかしなければいけないという思いはあったので、人類の集合知であるところのGoogle先生にお伺いを立ててみました。

そうやって、検索で出てきたものをいろいろと見ていくと、うつには音楽が割と効果があるという記事をいくつか見つけました。

今、この段階でもっとも手軽に実施できるのは音楽かもしれない、と考え、昔のハードディスク内の音楽データを漁ってみました。

ここ最近はまったく音楽を聴くということがないのですが、昔聴いていた曲のデータはいくつか残っているのを見つけだして、そのまま2時間くらいぶっ通しで聴いてみたりしてました。

ずっと聴いてたらなんだか気分が落ち着いてきた

ずっと聴いていると、懐かしい感じがしてきて、穏やかな気分になってきて、頭の中のごわごわとした何かが少しずつ消えてなくなっていくのが感じられました。

特にバラード調の曲がよく効いたように思えます。

Youtubeでいろいろと探してみる

さらにyoutubeで「癒し+BGM」とか「疲労回復+音楽」とかで検索してみると、心を癒す系の動画が結構たくさん出てきたので、いろいろと聴いてみました。

普段なら単なるBGMとして何も感じないのですが、病んでいるせいなのか、なんだかとても心に沁みるものがありました。

2~3日聴いているとちょっと元気になってきた

2時間くらい聴き続けた翌日から、だいぶ状態が改善されて、笑うことができるようになりました。

それから毎晩聴くようにして、なんとか年度末を越えることができたという感じです。 

まとめ

昔、好きだった音楽を聴いたり、癒し系のBGMを聴いていると、うつうつとした気分に一定の効果があるのではないかと感じられました。

しんどくて病院に行きたいけど、時間がなくて、とりあえず今だけなんとかしたいという人にはおすすめです。

ただし、これはあくまで応急処置であり、放っておくと、またいずれ同じような状態になるのは間違いありません。

仕事の量を減らすか、転職するか、退職して別の道を探すか、何かしら抜本的な対策を考える必要があるでしょう。

我々は生きるために働いている訳ですが、 仕事量をこなすために寿命をすり減らしているというのは、決してまともな状態ではありません。

命をかけて頑張るまでの給与をもらっている訳ではありませんし、一生働けなくなった時に会社がずっと保障してくれる訳でもないからです。

自分の身は自分で守るしかないという、単純な事実を我々は思い出すべきなのかもしれません。

お読みいただきありがとうございました。