働きすぎなおっさんのための、気分転換方法10選

働きすぎなおっさんのための、気分転換方法10選 よりよく生きるためのライフハック

こんにちは、青田犬です。

皆さん今日も力の限り労働し、消耗し、疲れ果てていますでしょうか。

私も元気いっぱい疲れ果てています。

この時期は年度末ということで、どの業界も慌ただしいかと思いますが、私の会社もとんでもなく忙しい状況が続いています。

こういった忙しい時期が続くと、どうしても勉強や仕事以外のやるべき事がおろそかになりがちです。

それだけでなく、こういった状況が続くと気分は落ち込みやすくなり、集中力は途切れ、ケアレスミスが頻発し、そのミスによってまた気分が落ち込んでしまうという、負のスパイラルに巻き込まれかねません。

ここは、まず気分転換をして、気持ちを切り替えていく必要があります。

今回は私自身が実践して有益であると感じた気分転換法を10個ほどご紹介します。

また、おすすめできないNGな気分転換法についても3つほど、理由も交えて紹介します。

【もくじ】

おすすめの気分転換法10選

1.散歩をする
2.好きな音楽を聴く
3.ストレッチをする
4.シャワーを浴びる
5.スーパー銭湯へ行く
6.ぼーっとする
7.部屋の掃除をする
8.瞑想をする
9.軽く飲みに行く
10.寝る

NGな気分転換法3個

1.泥酔する
2.暴飲暴食する
3.大人のお店に行く

まとめ

 

おすすめの気分転換法10選

 

1.散歩をする

近所をぷらぷら歩くだけで構いません。

気分転換を目的とする場合、必ずしもウォーキングのように早歩きを意識する必要はありません。

寝る前に近所を軽く一周するだけでもリラックス効果が得られます。

夜なので交通事故と職務質問には注意が必要です。

 

2.好きな音楽を聴く

YouTubeでもなんでもいいので、好きな音楽を聴きます。

ジャンル等はなんでもいいと思いますが、あまり激しい曲を聴いていると、寝付きが悪くなる可能性があります。

私は、ブログ更新や作業をしている時は、川の流れる音や雨音をYouTubeでよく聴いています。

また、それ以外でも自分が若い頃によく聴いていた曲を、改めて聴くと当時のことを思い出したりして、懐かしい気分にひたれるのでおすすめです。

 

3.ストレッチをする

終日デスクワークしていた人は、間違いなく体のそこら中がこわばっていますので、しっかりストレッチして、コリをほぐしましょう。

深い呼吸を意識しながらやると、よりリラックスできます。

 

4.シャワーを浴びる

シャワーをずっと浴びます。

私は30分くらい余裕で浴びたりします。

ずっと浴びていると無心になれますし、「6.ぼーっとする」や「8.瞑想をする」と組み合わせてみるのもいいでしょう。

シャワーを浴びていただけなのに、風呂場から出るとなんだかスッキリした気分になっています。

 

5.スーパー銭湯へ行く

近くにスーパー銭湯があるなら、ぜひ一度試してみてください。

普通の銭湯でもいいと思います。

足を伸ばして湯舟に浸かるというのは、思いのほかのんびりした気分させてくれます。

 

6.ぼーっとする

文字通り、ぼーっとします。

私のよくやる具体的な方法としては、背もたれのある椅子に座って後ろにもたれかかり、口を半開きにして、何もない空間を見上げながら、目の焦点をあいまいにして、脱力するというものがあります。

他人から見たら単なるアホです。

飽きたら終了でOKですが、飽きるまでは限界までやった方がより気分転換の効果があります。

 

7.部屋の掃除をする

もくもくと部屋の掃除を行います。

ひとつのタスクをひたすらやることは、気分を落ち着かせますし、部屋も綺麗になればすっきりしますし一石二鳥です。

 

8.瞑想をする

もっとも手軽に、短時間にできる方法です。

姿勢を正して、目をつむり、何も考えないようにして、深い呼吸を繰り返します。

何も考えないことが難しい場合は、呼吸の、吸って、吐いてだけを意識すると良いでしょう。

しばらくすると頭の奥がぼやーっと温かい感じがしてきて、その段階まで行くとかなりすっきりした気分になります。

 

9.軽く飲みに行く

軽く一杯程度であればお酒も気分転換効果が大きいです。

なるべく身構えなくて済む、気心の知れた人と一緒の飲むのがいいでしょう。

まかり間違っても、仕事でよく対立する人や、仕事についてやたら語りたがる人とは飲まない方がいいでしょう。

まったく気分転換になりません(実体験)。

 

10.寝る

最強の気分転換法です。

なるべく長い時間寝れば、より効果が期待できます。

勉強や作業があるのに、だるくてしんどくてどうしようもないという時は、すぱっと諦めてさっさと寝てしまうのも戦略としてはありでしょう。

早めに寝て、早めに起きて、朝がんばるというのもひとつの選択肢です。
(私は朝がどうにも弱いので無理でしたが)

 

NGな気分転換法3個

1.泥酔する

深酒は間違いなく翌日もしんどくなるので、まったくもっておすすめできません。

体にもよくないですし、気分転換どころか、気分が悪くなったりします。

 

2.暴飲暴食する

暴飲暴食も良くない方法です。

勢いにのって食べている時は、本能が満たされて少しだけ幸せな気分になっているのですが、自分達の体がすっかりおっさんになっていることを忘れてはいけません。

間違いなく、後で胃もたれに見舞われることになります。

もしどうしても食べたくて食べたくて仕方がないという時は、胃腸薬だけは飲んでおくようにしましょう。

食べ過ぎた時の不快感をかなり紛らわせてくれます。

 

3.大人のお店に行く

アハーンな店やキャッキャウフフな店などいろいろありますが、正直言って、おっさんになるとそこまで気分転換にならないですし、お金の無駄です。

多人数で行くキャバクラなどは特に、時間とお金とエネルギーを無駄にするだけであると言えるでしょう。

 

まとめ

気分転換の極意は、自らの心を休め、穏やかにすることにあります。

上記に挙げた方法以外でも様々な方法がありますが、いろいろと試してみた上で、自分の心を癒すのにもっとも優れた方法を取り入れていくと良いでしょう。

 

以上、「働きすぎなおっさんのための、気分転換方法10選」でした。

お読みいただきありがとうございました。