腕に巻いて使うウェアラブルメモ「WEMO」のレビュー

ガジェットレビュー

こんにちは、青田犬です。

腕に巻いて使うウェアラブルメモ、「WEMO」を最近買って使ってみましたので、使用感をレビューしたいと思います。

ウェアラブルメモ「WEMO」は、板状のシリコンバンドで手首に巻いて使用するメモです。
公式ページ

ボールペンでそのまま書き込むことができて、消す時は消しゴムや指でこすると簡単に消すことができます。

伸ばした状態から、手首を軽く叩くと、くるんと丸まって手首にセットされる仕込みです。

WEMO緑 WEMO

看護師さんが手にメモを書いているのを見て、それをきっかけに開発されたらしく、なんとも素敵な話です。

現場作業でしょっちゅうメモを取ったりする人にはぴったりかもしれません。

実際にボールペンで書いて、指でこすってどれだけ消えるか写真を撮ってみました。

※使用したボールペンは三菱鉛筆のジェットストリームです

WEMOボールペンどれだけ消えるか
ボールペンで書いたところです。

WEMOボールペンどれだけ消えるか
指でこすった状態です。まだうっすら残っています。

かなりこすってもこれくらいは残るのですが、しばらく放置して後から見ると完全に見えなくなっています。

写真のWEMOもすでに何回か使っており、いろいろと記入しているのですが、以前に書いて消したものはもう完全に見えなくなっています。

ちなみに私の場合は、基本的にモレスキンの小さなメモ帳を持ち歩いているので、せっかく買ったもの、正直あまり活躍しませんでした。

そのため、今は持ち歩いているカバンに付けてみたり、車のハンドルに付けてみたりして、ベストな使い道を検討しているところです。

職場の冷蔵庫で使用 
今のところ、職場にある冷蔵庫にペットボトルを置いておく際にもっとも役に立ちました。