最近取り入れている、よりよく生きるための生活習慣

最近取り入れている、よりよく生きるための生活習慣 よりよく生きるためのライフハック

こんにちは、青田犬です。

今日は、私が最近、自分の生活に取り入れている、よりよく生きるためのいくつかの生活習慣についてお話ししたいと思います。

もくじ

1.朝は大体同じ時間に起きるようにする。 

大体同じ時間に起きるようにすることで、体に朝起きる時間を覚えさせることを目的にしています。
なるべくスッキリ起きることができるように。

2.起きてつらい時は何も考えずただ呼吸に集中する。

本当にマジでつらい時も、何も考えずに呼吸に集中することにより大分緩和されます。

3.朝ごはんは食べない。

朝は何も食べない方が調子が良いため。

4.通勤時は聴く日経で主要ニュースを確認する。

移動しながら主要ニュースを聞くと、なんだかできるビジネスマンになった気分になります。あくまで気分だけです。

5.仕事前に動的ストレッチを行って体をほぐす。

体を動かして、血流量を上げて脳の覚醒を促します。
やりすぎると逆にだるくなるので注意です。

6.残像カードテクニックで集中力を向上させてから仕事開始。

残層カードをじっと見て、目をつむってぼんやり図面が出るのを見続ける方法です。

7.昼ごはんは仕出しの弁当を食べる。

昼食をどうするかということに判断力を使わずに済むため。

8.食べた後は毒だしうがいをする。

強い勢いでやるぶくぶくうがいです。口の中が爽快になります。

9.食後の仮眠は15~20分間にする。

30分以上、仮眠してしまうと体が本格的に寝るモードに入って、午後からも頭がぼんやりしてしまうため、仮眠は20分以下に抑えるようにしています。

ちょっとウトウトするくらいが、一番スッキリできます。

10.寝起きでまだ本調子でないので、改めて残像カードを集中力を向上させる。

残像カードで改めて集中力を高めます。

11.30分に一度は席を立って軽く歩く。

じっと座っているだけだと、どうしても疲れやすくなるので、ときどき席を立って少しでも歩くようにしています。

12.背筋をのばすことを意識する。

私は昔から姿勢が悪いので、15分に一度くらいはなるべく背筋を伸ばすように意識しています。

13.意識して深い呼吸を行うようにする。

仕事に集中していると、いつの間にか浅い呼吸になっていたりするので、なるべく深い呼吸を行うことを意識しています。

14.なるべく残業はせず、なるべく定時で帰る。

これだけはやたらと難易度が高いです。でも最近はなるべく残業をしないよう心がけています。

15.スーパーへ買い物に行く前にお菓子をちょっとだけ食べる。

完全におなかが空いている時より、無駄な買い物が減ります。
特に揚げ物系の総菜との闘いに役立ちます。

16.いくつかの軽い運動を行う。

本当にちょっとした運動を毎日するようにしています。習慣化の一環として。

17.晩御飯はスムージーメインにする。

スムージーメインにすることで、晩御飯をそんなに食べなくても平気になります。
財布にも優しいし、胃腸にも優しいです。

18.食後に育毛剤のタブレットを飲む。

密かに育毛剤のタブレットを飲んでます。
効果があるのかないのかはまだ判りません。

19.食後に軽く散歩する。 

食後に軽く自宅周辺を歩きます。いろいろあった日も少しだけスッキリします。

20.毎日ブログを書く。

これも習慣化することを目指しています。
筋道を立てて考えることが少しだけうまくなったように思えます。

21.寝る2時間前には入浴する。

寝る2時間前に入浴することにより、寝つきを良くすることを目的としています。
また、入浴してすぐ寝る場合よりも、寝ぐせが付きにくいです。
毎回ちゃんと乾かしているつもりでも、若干髪に水気が残っていると、とんでもない寝ぐせが付きます。

22.寝る3時間前はカフェインを摂取しない。

寝つきを良くするため、その1。

23.夕食は寝る3時間前までに済ませる。

寝つきを良くするため、その2。

24.寝る1時間前からブルーライトはなるべく見ない。

寝つきをよくするため、その3。
これは何気に実践するのが難しいです。

25.寝る前に数分程度の瞑想を行う。

寝つきをよくするため、その4。
寝る前に気持ちを落ち着かせることができます。

26.今日1日を振り返って、「ああ今日も無事に一日を終えられてよかった」と思う。

人生をポジティブに捉えるための試みです。

ネガティブに捉えるよりは幸せに近いような気がするので。

27.誰かに感謝する。

寝る前に誰かの嫌なところを思い出してイライラするよりかは、他の誰かに対する感謝の言葉を口にしている方が、幸せに近いような気がするので。

28.必ず6時間半以上は寝るようにする。

6時間半以上寝た方が、生活全般において、肉体的にも精神的にも調子が良いためです。

まとめ

改めて書いたものを見返すと、単に健康になろうするための行動にかなり近いように思えます。

しかし、よりよく生きるとは、何を差し置いてもまずは健康的に生きるということなのでしょう。

これからもどんどん新しい習慣を試していって、これは良いというものを取り入れていきたいと思います。

 

 以上、「最近取り入れている、よりよく生きるための生活習慣」でした。
お読みいただきありがとうございました。