精神を安定させるための8つの生活改善策について【実践中】

精神を安定させるための8つの生活改善策について よりよく生きるためのライフハック

こんにちは、青田犬です。
今日は最近、私が精神を安定させるために実践している、8つの生活改善策について紹介したいと思います。

私は長い間、会社での仕事を最優先にして生きてきたのですが、必然的に不健康な生活となっており、その結果として、ここ最近かなり精神的に参ってきていました。

そして、このままではいけないと思い至り、改善を図ることを考え、今現在、実践しているところです。

改善案は本やネットを通じて得たものであり、これまで実際にやってきた中で、特に成果を感じたものについて挙げていきたいと思います。

睡眠をしっかりとる

何気に一番大事だと思います。

以前は4時間半くらいしか寝てなかったのを、今は6~7時間は睡眠を取るようにしています。

結果、みるみる精神が安定するようになりました。

睡眠については当然、質も重要であり、寝る3時間前からはカフェインを摂らない、1時間前からはブルーライトも見ないということを意識しています。
(ブルーライトを見ないことはとても難しいですが…)

また、就寝する1時間半前くらいに入浴して、入眠効果を高めることも意識しています。

暴飲暴食を避ける

私はストレスをため込んだ際に、暴飲暴食してしまう傾向があります。

特に寝る前にがつがつ食べてしまい、翌朝までそれが残って、胃もたれがひどいことになっていたりしたので、今は睡眠3時間前からは何も食べないようにしています。

ついでに朝食についても抜いているのですが、ある程度空腹の方がやはり頭は冴えると感じています。

なるべくまんべんなく栄養を摂る

以前は気が付くと、一週間くらい晩御飯が「からあげくん」のみだったりしてました。

そういった適当な食生活を送っていたせいか、しょっちゅう口内炎ができてつらい思いをしたので、野菜をなるべくとるようにしています。

食べるものがその人を作っている以上、食べるものが体に良くないものばかりだと、当然、精神にも少なからず良くない影響があると考えています。

ただ自炊が苦手なため、ミキサーで野菜や果物のスムージーを作って飲むことで、少しでもさまざま栄養を摂るようにしています。

大きな目標を設定する

よりよく生きるためには、やはりきちんとした目標設定が必要です。

そこでまず大きな目標を設定し、そこから月単位の目標を設定し、そこからさらに1日ごとのやるべきことを設定して、タスクとして実行することを心がけています。

日々の楽しみ、もしくは日々のイベントを設定する

やるべきことを設定して自分を律するだけでは、いつしかモチベーションは弱まり、気持ちも萎えてきて、コントロールできなくなってしまいます。

そのため、日々の楽しみについても設定しています。

具体的には好きなWeb漫画の更新日だったり、旅行を予定したりです。

ご褒美を設ける

その日のやるべきタスクが終わったら、用意しておいたおいしいお菓子を食べるとか、買っておいた漫画を読むといったご褒美を設定しています。

毎日少しでも運動する

毎日ほんの少しでも運動するように心がけています。

腕立て伏せ、プランク、スクワット、ストレッチ、散歩等をするようにしており、どんなに忙しくても、どれかひとつをちょっとだけでもやるようにしています。

習慣化するために、手帳に記録を付けて毎日意識するよう心がけています。

1日1回は瞑想を行う

毎日、短時間でも必ず瞑想を行うようにしています。

タイミングとしてはだいたい寝る前です。

社会人として生活を送っていると、どうしたって腹の立つことや、落ち込むことがあるものですが、瞑想を毎日行ってから就寝することで、すっきりリセットできるようになりました。

何かあっても翌日まで引きずらずに済んでいます。

 

まとめ

よく寝て、適度にいろいろなものを食べて、目標を定め、少しでも運動して、日々の生活に楽しみを持ち、自らをよくいたわる。

挙げていくと、それこそはるか昔からよく言われてきたことばかりなのですが、それだけ多くの先人が、その身で実感してきたことなのだろうと思います。

ネットも含めて世の中には、まだまだいろいろな方法があるはずですので、これからもどんどん新しい情報を実践して、取り入れていきたいと思います。

 以上、精神を安定させるための8つの生活改善策についてでした。

お読みいただきありがとうございました。