快活クラブの防音個室の【フラットブース】を作業部屋として使えるか試してみました

快活クラブの防音個室の【フラットブース】を作業部屋として使えるか試してみました その他レビュー

こんにちは、青田犬です。

前回、快活クラブの防音個室(リクライニング)についてご紹介しましたが、
結果、机の高さなどから作業用として利用するには
いまいちだということになってしまいました。

快活クラブの防音個室を作業部屋として試しに使ってみました【デシベルチェックもしました】

しかし、防音個室にはリクライニングのほかに、
フラットブースのタイプもあるということで
今回はフラットブースの方を試してみましたので
その内容をご紹介したいと思います。

作業のために快活クラブに行く

ここ最近、以前から使っていなかったノートPCを
ブログ作成用PCということにして
そちらで更新作業を行うようにしています。

普段使いのPCとは別に、作業用のPCを用意することで
Youtubeを見たり、ニコニコ動画を見たりと脱線しにくくなり、
作業効率もアップしたのですが
一人で作業をしていると、どうしても煮詰まってくることがあるものです。

今回もなんとなく煮詰まってきている感じがしていて
ちょっと気分転換しながら作業をしたいという気分になりました。

ノートPCを作業用PCにしていることもあり、
その気になればどこでだって作業をすることができるのです。
(ただし無線LAN環境は必要)

ただ、この時点で結構遅い時間だったため、
どうしたって選択肢は限られます。

そこでふと快活クラブに行ってみようかという気になりました。

前回、快活クラブの防音個室に行ったときは、
机の高さとリクライニングチェアの高さがアンバランスすぎて
まったくもって作業しにくかったという
結果に終わってしまいました。

なのであんまり作業部屋としては使えないかなーと
私の中では思っていたのですが
ひとつ気になっていたのが
防音個室には二種類あるという点でした。

二種類あるうち、ひとつは前回私が試したリクライニングで、
もうひとつフラットブースだとのことでした。

だとしたら、フラットブースについても一度試してみる必要があるかも
という考えに至ったため、その時点で夜の11時ごろでしたが、
快活クラブに行ってみることにしました。

防音個室(フラットブース)を作業部屋として試す

行ってみると、意外に混んでいて
防音個室はほとんど埋まっており、
残りひと部屋になっていました。危ない。

ちょうどその残ったひと部屋が運良くフラットブースだったので
そちらを使わせてもらうことにしました。

 入口 廊下
例によって、受付でもらえるセキュリティカードを使って
セキュリティゲートを颯爽と通過し、
防音エリアとなるセキュリティゾーンを
ちょっとした仕事のできる人風に歩いていきます。

室内
入室しました。
フラットブースです。
ぱっと見た雰囲気としては、
通常のフラットブースとさほど変わらないように見えますね。
防音個室ということで、やっぱりヘッドホンがありません。

↓前回のリクライングチェアの部屋です
リクライニング

座椅子
リクライニングの座椅子があります。
脇によけて、寝転がっても十分に足は伸ばせそうです。

 

作業しにくい
さっそく作業用のノートPCを机の上に置いて
作業をしてみます。
座椅子の上にあぐらをかいて、机に向き合うような感じですね。
机のすぐ脇にコンセントがあり、PCやスマホの充電が
すぐできるのが便利です。

さあ、作業開始です。

カタカタカタ…。

やっぱりちょっとキーボードが打ちにくいですね…。
リクライニングの時ほどではありませんが
肘を上げつつ、キーを打たないといけないので
時間が経つに従って、どんどんつらくなりそうです。

うーん、これはやっぱりダメかな…。

結局、机の高さか、マットの高さを変えられるようにならない限り、
この手の問題は解決しないように思えます。

少し考えてしまいましたが、ここでもうひとつ思いついたことがあり
試しにPCをマットの上におろして
寝転びながら作業をするというのを試してみました。
(写真は取り損ないました…)

上の方の写真で言うと、
大体、机の下あたりにPCを置いて、
寝転びながらPCに向き合うような感じですね。

カタカタカタ…。

おお、これはなかなか作業しやすいかもしれません。
それなりに没入感が得られます。

寝転びながらの操作でも、キーを打つのは
それほど苦労することはなさそうです。

あと、マウス操作が面倒そうですが、
私の場合トラックボールを使っているので
ほとんど影響はありません。

この寝転びスタイルであれば、体勢的に他のことがやりにくく
ひたすらPCに向き合う状態になりやすいので
大分作業しやすいかもしれませんね。

しかし、ここでひとつ残念なお知らせがあります…。

ぐがーぐがー。

なんと隣の部屋からいびきの音が…。
普通に座っている時にはあまり気にならなかったのに、
寝転がると聞えてくるということは、
床から通じて音が伝わってくるのでしょうか。

個室から出て、廊下に立って、耳を澄ませますが
廊下に出るといびきは聞こえません。

廊下と個室とでは防音が完璧でも
隣あった個室同士では音が漏れてしまうということでしょうか。

いや、それあかんやつじゃないですか。

あるいはそのいびきの本体が、かなりの大音量でいびきをかいており
防音設備のフィルターを通して
そのわずかな音が伝わってきているのでしょうか。

ヘッドホンがあれば、気にせず何かBGMでも流しながら
作業ができたんですが…。

試しに、部屋に備え付けられたPCでYoutubeにアクセスし、
川の流れる音をBGMとして流してみましたが
(PCモニターのスピーカーから音が出る)
川の流れる音ではいびきが消えないんですよね。
川の流れに乗っていびきがやってくるんですよね。
どんだけ大きないびきをしているのでしょうか。
音楽とかかけるとそれはそれであまり集中できないし…。

まあ、とりあえず気になって、
作業が手に付かないというレベルではないので
気にしないことにして
もくもくと作業を進めます。

そして2時間後。

いびきのリズムにつられたのか、
いつの間にか突っ伏して寝てました。

ここ最近寝不足ぎみだったこともあり、
つい眠気が勝ってしまったようです。

中途半端に寝てしまったので、体がかなりだるくなってしまいました。
作業をする気分ではまったくなくなってしまったため、
早々に家に帰ることにしました。

また、翌日朝起きると、首のうしろがわの付け根が
かなり痛くなってました。

おそらく寝転びスタイルで、PC作業をしていたので
首に負荷がかかったためと思われます。
(晩には回復してましたが)

まとめ

・快活クラブの防音個室のフラットブースは、
 やっぱりマットと机の高さが固定されているため
 体のサイズがぴったり合わないとキーボードが打ちにくい。

・ただし、寝転びながら作業するのであれば
 思いのほか作業をしやすい。

・しかし、寝転びながらの作業となるため、
 いつの間にか寝ていたり、体勢的に後から首の後ろが
 痛くなったりする可能性がある。

今回の記事ではデメリットが強調される内容となってしまいましたが、
ある程度静かな環境で、まわりの目を気にすることなく
作業できるという意味では悪くないようにも思えます。

単純に作業のしやすさ、というかキーの打ちやすさという点では
フードコートとかカフェとかファミレスの方が
よっぽどいいかもしれません。 

あと、快活クラブの防音個室を使うメリットとしては、
24時間営業なので時間を気にしなくていいことくらいですかね。 

また煮詰まったり、気分転換したい時は使ってしまうかもしれません。

 

お読みいただきありがとうございました。