買ってよかった漫画2019年1月版

買ってよかった漫画2019年1月版 その他レビュー

こんにちは、青田犬です。
2019年1月に買ってよかった漫画について紹介します。
なお、このコーナーでチョイスする漫画については、
日々のストレスにより傷ついた心を
なんとなくほんのり癒してくれる、
そんな漫画が多くなると思います。
殺伐としているのは、現実社会だけで十分なのです(断言)。

「僕の心のヤバイやつ」 桜井のりお

殺人衝動を持つ男子中学生が、
クラスにいるカーストトップの
モデル系女子に対して殺害の機会を伺う・・・、
という導入で始まる本作ですが、
物語が進むとひたすらほんわかした話が続きます。

主人公の京太郎が、陰キャみたいなキャラ設定の割に
ものすごくいい子で、女の子をかばったり、
そのためにあえて自分が悪者になってみたり、
それでも空回りするような展開が多いのですが
相手である山田(美人だがお菓子に目がないアホな陽キャ)
だけには、それをだいたい理解してもらえてる、
というのがとてもほんわかしていて和みます。

漫画に出てくる殺人衝動を持った陰キャなんて
たいていろくでもない奴で、
とんでもない変態行動を取って
「うわーきめぇ」とさせられるものですが
京太郎は「うわーいい子だなぁ、何かしら報われるといいなぁ」と
思わせられてしまうのです。

終始、京太郎のモノローグにより、物語は進むため
山田の内心が描かれることはなく、
京太郎をどう思っているのかは分からないのですが
それなりに好意を持っているのでは?という
表現が随所にあり、それもまた読者をほんわかさせてくれます。

ちなみにWebで連載中です。

やさしいヒカリ(1) 中村ひなた

都会での会社生活に疲れ果てた結果退職して、
島の郵便局に局長として再就職した主人公三宅と、
同居する女子高生日和子とその家族、
そして島民との触れ合いを描いた漫画です。

タイトル通り、物語も絵柄も人の関係性もやさしくて
とても暖かい物語だと感じます。
絵もすごくキレイです。

女子高生と同居といっても
安易なラッキースケベ的な話に走らないところが
実にいいと思います。

伊豆漫玉ブルース 桜玉吉

こちらはあんまりほんわかする内容ではありませんが、
伊豆の山奥に暮らす漫画家の生活や
起こった出来事をたんたんと描いています。
ちなみにAmazonで見かけた時に新刊かどうか
すぐに判別できなかったので
もう少しわかりやすいようにした方が
いいのではないかと思いました。
老いについてとか、将来についてとか
身につまされる内容もあります。