即座に作業に集中するための、残像カードを使ったテクニック

よりよく生きるためのライフハック

こんにちは、青田犬です。

今日は、私が普段から使用している、即座に作業に集中するための残像カードを使ったテクニックについて紹介したいと思います。

残像カードのテクニックというのは、とある画像をじっと見て、それから目をつむって、まぶたの裏にその画像が浮かぶようにするというものです。

この一連の流れを行うだけで、集中力が格段にアップして、気分的にだれている時でも即座に作業に入ることができるようになります。

人間、誰しもだるい時がある

毎日仕事をしていると、たまになんだかまったくやる気が出てこない、ということがあったりしませんでしょうか。

午前中はバリバリ仕事をやってたのに、午後の時間帯になった途端、すごく頭がぼーっとしてしまって仕事が手につかなかったりしませんでしょうか。

そうしてなんとなくやる気にならないまま、仕事にならずにだらだらと過ごしてしまったり、夕方になって、ああ、今日一日何をやっていたんだろうと軽くへこんでしまったり。

自分の体なのに、自分の言うことを聞いてくれなくて本当にままならないことが多いですよね。

こういう時は、コーヒー飲もうがストレッチしようがもうどうにもなりません。

私もだいたいそんな感じで仕事に身が入らなくなることがよくあります。

残像カードとは

こういった時に役立つのが、この残像カードを使ったテクニックであり、そういった状態から瞬間的に意識を集中状態に持って行くことが可能になります。

残像カードというのは、だいたい下記のようなものです。

 残像カード1 残像カード2 残像カード3 残像カード4

Googleで「残像カード」や「集中カード」で検索すると、こんな感じの画像がたくさん出てくると思いますので、自分に合ったものを使ってみるといいでしょう。

色については、青と黄、緑と赤のように反対色になっているものが多いようです。

残像カードを使って集中状態に持っていく手順

残像カードを使って集中状態に持っていく方法については下記の流れになります。

【残像カードを使って集中状態に持っていく手順】

1.まず、残像カードを画面に表示します。

2.深い呼吸を意識ながら、カードにある図面の中央部にある、白い小さな丸を見続けます。

3.そのままの状態を維持して、数十秒~1分くらいじっと見続けます。

4.頃合いを見計らって目をつむると、まぶたの裏に図面がぼんやり浮かびますので、今度はその浮かんだ図面をじっと見ます。

5.図面が少しずつぼやけて来たところで目を開けます。

手順としてはここまでです。

カードを見続けるときは、白い穴を、長いトンネルの出口としてとらえるようにすると、より集中モードに入りやすいと思います。

ここまでの手順を実行すると、意識がゾーンに入ったように、集中モードに移行しており、集中力をもって即座にバリバリ仕事を進められるようになります。

私も最初は半信半疑でしたが、一度試してみたところ、確かに集中状態に持って行けることがわかりました。

その後は、気持ちが乗らなかったりしたときには、すぐにこのテクニックで意識を集中モードに移行させて仕事に取り組んでいます。

どういうメカニズムで集中できるようになるのかは正直よくわかりません。

呼吸を整えて、図面に集中することで、雑念が取り払われていくように思えるので、あるいはマインドフルネス的な効果があるのではないかと考えています。

この残像カードは、使用する回数を重ねるほど、集中モードに入りやすくなります。

毎日使うことで、段々と、この残像カードを見ること自体が作業にのめり込むためのトリガーとなってきますので、より作業効率を上げることにも繋がっていくでしょう。

残像カードをいつどう使うか

残像カードはカラー印刷して、切り抜いて持っておくのもいいですし、画像ファイルをデスクトップに置いておいて、すぐに表示できるようにしておくのもいいでしょう。

ちなみに私はこの画像ファイルを会社のデスクトップに貼っており、いつでも画像を開くことができようにしています。

ただ、会社のPCでこの画像を大きく表示して、食い入るようにガン見している様子は、はたから見て「え、なんの宗教?」とか思われかねないので、一応、まわりに人がいない時を見計らって実行するようにしています。

ちなみに画像をデスクトップに置いておくのが難しかったり、カラー印刷して持ち歩くのに抵抗があるような方は、手のひらにボールペンで小さな黒丸を書いて、深い呼吸を意識しながらそれを眺めるだけでも、一定の効果が得られます。

※私は残像カードがない状況ではこのやり方を用いています

まとめ

残像カードを使ったテクニックは、朝、あまり眠れてなくてだるい時や、外回りから帰ってきて、なんだかやる気が起きない時などにはものすごく効果を発揮しますので、仕事に集中できなくて困っている人はぜひ一度お試しください。

以上、「残像カードを使った、絶対仕事に集中できるテクニック」でした。
お読みいただきありがとうございました。